〈いのち〉とがん 患者となって考えたこと

〈いのち〉とがん 患者となって考えたこと
‘絶体絶命’の状況を、人はいかに生きうるのか。突然の膵臓がん宣告、生きるための治療の選択、何を食べればいいのか、術後の戸惑い、届かぬ患者の声、死の恐怖……。患者となって初めて実感した〈いのち〉の問題を、赤裸々に真摯に哲学する。「がん時代」を生きる人へ、そして未来に向けて書き遺され...

-- Delivered by Feed43 service

出版社:岩波書店
作家:坂井律子
対応:ルポ・エッセイ・自叙伝 50%ポイント還元
電子書籍発売日:2019年06月27日
DMM作品紹介URL:https://book.dmm.com/detail/k955aiwnm00001/

岩波書店の人気の作品♪

  • 〈いのち〉とがん 患者となって考えたこと
  • おしえて出口さん!──出口が見えるお悩み相談
  • オペ・おかめ
  • ちびくろサンボ
  • The Story of Little Black Sambo

    作家「坂井律子」の人気の作品♪

    • 〈いのち〉とがん 患者となって考えたこと

      こんな作品も人気ですよ♪

      
      

      ラノベ

      1. 絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで
      2. エイルン・ラストコード
      3. 異世界薬局
      4. 八男って、それはないでしょう!
      5. 無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜

      ソフトエッチ

      1. 外道学園シリーズ Complete版【フルカラー】
      2. ネトラレシリーズ【フルカラー】
      3. キメ恋シリーズ Complete版【フルカラー】
      4. 黒姫シリーズ【フルカラー】
      5. トレス・マリアスシリーズ Complete版【フルカラー】
      ページ上部へ戻る