君を抱くのは仕事だから【単行本版】 2 | 無料で楽しめる!電子書籍コミック・漫画の「コミック王」

君を抱くのは仕事だから【単行本版】 2

君を抱くのは仕事だから【単行本版】 2
【電子版限定おまけ付き】紙書籍とは別バージョンのおまけを収録!【※この作品は話売り「君を抱くのは仕事だから〜雇い主は変態小説家〜」の単行本版第2巻です】「…私ずっと自分の意志で、先生に抱かれてました――」仕事の一つとして、官能小説家の九鬼令苑(くきれおん)に抱かれていた助手の鈴(すず)は、いつしか彼に想いを馳せるようになる。一方の九鬼も、鈴を仕事のために抱かれる道具(おもちゃ)のように扱うことができなくなり、真の正体を伝える決意をする。雇用関係を清算し、とうとう、二人の心が試される時が来てしまう…!「さっきのプレイは‘仕事’だろ? プライベートはこれからだ」また、とある出版パーティでは、九鬼の過去を知る有名文芸作家の東雲哲(しののめてつ)が、二人の前に現れる。九鬼に興味があった東雲は、いつしか鈴という特別な存在を知り、近づいていくが――…!?電子書店のTL部門で殿堂入りの人気作の第2巻!15pの描き下ろし漫画とイラスト付き!!

-- Delivered by Feed43 service

シリーズ:君を抱くのは仕事だから【単行本版】
出版社:アイプロダクション
作家:聖ゆうか
ジャンル:恋愛
電子書籍発売日:2019年02月22日
DMM作品紹介URL:https://book.dmm.com/detail/k059akrcm01098/

アイプロダクションの人気の作品♪

  • ちっぱい彼女と美人彼氏【単行本版】【電子限定おまけ付き】
  • ちっぱい彼女と美人彼氏(単話)
  • オネエ失格【単行本版】【電子限定おまけ付き】
  • クズの正しい愛し方。(単話)
  • 木更津くんの××が見たい(単話)
  • 裏ドS社長の専属秘書〜Hの時はケダモノ系〜(単話)
  • 堕ち妻〜愛されずにいられない〜(単話)
  • ワイルドえっちで意識トんじゃう!【単行本版】
  • 甘く痺れて抜けない、義兄の棘〜駿ちゃん、大好きです…〜(単話)
  • イジメラレ体質【単行本版】
  • 両性花〜交わる運命の番(つがい)〜(単話)
  • ワイルドえっちで意識トんじゃう!〜お隣さんはコワモテ溺愛野獣〜(単話)
  • 幼なじみの実家がラブホ!?【単行本版】
  • イジメラレ体質〜お見合い相手の太い指でイ…ク…〜(単話)
  • 幼なじみの実家がラブホ!?〜ハジメテなのにイかされちゃって…〜(単話)

    作家「聖ゆうか」の人気の作品♪

    • 君を抱くのは仕事だから〜雇い主は変態小説家〜(単話)
    • 君を抱くのは仕事だから【単行本版】
    • まじめメガネくんの本性は野獣(単話)
    • 乗っ取りレンアイ 恋敵の体で感じまくっちゃうのは罪ですか?
    • まじめメガネくんの本性は野獣【描き下ろしおまけ付き特装版】
    • 乗っ取りレンアイ 恋敵の体で感じまくっちゃうのは罪ですか?(単話)
    • 無敵恋愛S*girl Anette あなたの虜 Vol.16
    • 無敵恋愛S*girl Anette Vol.14 大人の初夜
    • 宅配のお兄さんが豹変して… ―本当にあった読者の体験談―
    • 無敵恋愛S*girl Anette Vol.12 朝までお仕置き
    • 無敵恋愛S*girl Anette Vol.10 32歳、セフレ卒業
    • 無敵恋愛S*girl Anette Vol.8 2度目の恋はカラダから
    • 無敵恋愛S*girl Anette Vol.6 苦い恋、甘い誘惑
    • 無敵恋愛S*girl Anette Vol.4 欲情ときどき純愛
    • 無敵恋愛S*girl Anette Vol.2 29歳、カラダから始まる恋

      こんな作品も人気ですよ♪

      
      幻想神域

      ラノベ

      1. 現実世界に現れたガチャに給料全部つぎ込んだら引くほど無双に
      2. 【合本版】フィンスタニス統治記
      3. ヘルモード 〜やり込み好きのゲーマーは廃設定の異世界で無双する〜
      4. 現実世界に現れたガチャに給料全部つぎ込んだら引くほど無双に
      5. 悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される

      ソフトエッチ

      1. 友野ヒロ傑作短篇集(単話)
      2. 双子妹とトロトロえっち!【修正版】(単話)
      3. 彼女はヒロインのような幼なじみ【修正版】(単話)
      4. 性なるペン挿れ【修正版】
      5. ドラレコ復讐セックス〜彼女の名はSatuki〜(単話)
      ページ上部へ戻る