遺文
『花火』一部抜粋 ‘人生は一瞬の花火の様か 衆知の中に突然火を着けられ放たれる その中に生きるという選択肢のみを与えられ 死を迎えるまで勝手に過ごせと一瞬の瞬きを託される’ 私たちがこの世に生を受けたのは偶然か、必然か。 喜ぶべきか、悲しむべきか。 「人生とは何か」という疑問を...

-- Delivered by Feed43 service

出版社:幻冬舎メディアコンサルティング
作家:嵯峨野嘉竹
対応:aff対応 詩歌
電子書籍発売日:2018年10月29日
DMM作品紹介URL:https://book.dmm.com/detail/k062agmcg00724/

幻冬舎メディアコンサルティングの人気の作品♪

  • ひつじのモフさんしあわせみーつけたっ
  • 朱土師器
  • 21世紀の驚くべき海外旅行
  • 痛快!尼寺女中物語
  • 息覚
  • スローアヘッド
  • 自分史2.0
  • 詩集 21世紀の船
  • しあわせのレシピ
  • 燦泥舞日のつぶやき
  • コーランの呼ぶ声
  • 考えない論
  • 老いと死
  • 桜とイチョウの間で
  • ひとり歌仙

作家「嵯峨野嘉竹」の人気の作品♪

  • 遺文

こんな作品も人気ですよ♪




ラノベ

ソフトエッチ

ページ上部へ戻る